ここから本文です

そして父になる (2013)

監督
是枝裕和
  • みたいムービー 565
  • みたログ 5,769

3.61 / 評価:3910件

幸せの価値観

  • たーちゃん さん
  • 2020年11月27日 23時45分
  • 閲覧数 829
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

幸せの価値を考えさせられました。

エリートで優秀な成績で学校を卒業し、一流企業に勤務している野々宮良多(福山雅治)とみどり(尾野真千子)夫婦の息子と町の電気屋で決して裕福ではない斎木雄大(リリー・フランキー)とゆかり(真木よう子)夫婦の息子の産院での取り違え事件です。
小学校に入学で気付き、お互いの子どもをどちらが育てるのかの問題です。
子供とのそれまでの歴史をとるのか。それとも血縁関係を重要視するのか。
大人の考えだとお金持ちでカッコいいパパの方がいいと思いますが、子供は自分と同じ目線で一緒に遊んでくれる人の方がいいんですよね。
でも残酷な話ですよね。
少し慣らし期間があったとしても、明日から知らない人をお父さんと呼びなさい。と言われ、家にも電話をしてはいけないと言われても、納得いかないだろうなと思いました。僕だったら泣いてわめいて、行かないと思います。

結果的には血の繋がっていない親子に落ち着くんだろうと思わせる終わり方で映画は終わります。
ですが、これで落ち着くのでしょうか?
誰にもわかりません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ