ここから本文です

凶悪 (2013)

監督
白石和彌
  • みたいムービー 540
  • みたログ 3,854

3.65 / 評価:2,635件

俳優は凄いがただただ胸くそ悪い映画

  • おすし さん
  • 2018年5月8日 8時07分
  • 閲覧数 5056
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

俳優さん達の演技は圧巻。
山田孝之、リリー・フランキー、ピエール瀧がそれぞれの『凶悪』を見事に演じている。

でも上手いからこそ物語の胸くそ悪さをダイレクトに感じさせ、リアルな嫌悪感を覚えて吐きそうになってくる。
演技のうまさが自分にとってマイナスに働いたのは初めて。

須藤と先生の胸くそ悪さは勿論ですが、何だかんだ藤井(山田孝之)の『凶悪』が一番現実的で嫌だったかもしれない。

母を施設に入れることに罪悪感を感じたくない、でも自分ではとても見られないので世話は妻に押し付ける。
どんどん認知症の進む母、その介護の辛さから心が壊れてしまい毎日泣きながら必死に訴える妻。
その現実から逃げるように事件を口実にして仕事にのめり込む藤井。

高齢化が進む今の日本。
こんな家庭、現実に沢山あるんじゃないかと思ってしまいました。

終盤、離婚届を差し出した妻(池脇千鶴)が心底疲れはてた顔で告白します。

「私、ずいぶん前からお義母さん殴ってる。自分は絶対そんな人間じゃないって思ってたのに。」

決して他人事ではなく、誰でも心の奥底に『凶悪』は眠っているのかもしれないと感じさせるシーンでした。

まぁ凄い映画でしたが、二度と見たくないですね。
俳優さん達の見事な演技だけは☆5です。

最後に。
仕事として介護に携わったことのある者として言いたいんですが、自分で無理して心が壊れてしまうくらいなら施設やデイサービス、ホームヘルパーを利用しましょう。
他人がやったほうが良いことだってあるんです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ