ここから本文です

凶悪 (2013)

監督
白石和彌
  • みたいムービー 536
  • みたログ 3,770

3.65 / 評価:2,561件

とにかく悪役ふたりの凶悪っぷりが強烈

  • ポルティ さん
  • 2019年8月24日 21時47分
  • 閲覧数 639
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ストーリーの面白さにグイグイ引き寄せられて2時間があっという間だった。実に良く出来たクライムサスペンスだ。

役者陣が良い。なにより冷酷無比の凶悪犯を演じるふたりが素晴らしいのだ。
ピエール瀧の狂気を帯びた目力(めぢから)の迫力は役者としての彼の実力を証明するもの。「すぐにブっ込んで(殺して)やっから」という口癖のセリフが耳について離れない。ブチ切れ演技の爆発力も半端なく、見事に恐るべき殺人者に成り切っている。
それにも増して強烈なインパクトなのがリリー・フランキー。優しく微笑みながら人を殺し、何の罪悪感もない悪魔のような男を涼しい顔で演じていて、底知れぬ恐怖を感じさせるそのシリアルキラーぶりはもうトラウマ級だ。
このふたりの代えが利かないほどの熱演があってこそ成立している作品であることは言うまでもない。
さらにもうひとり。ピエール瀧の情婦役の松岡依都美も忘れがたい印象を残す。本作で初めて知った女優だが、官能的な肉体とやさぐれ感が秀逸で、あんな演技が出来るのは相当な実力者とみた。日本にもまだまだ知られざる演技派がいて実に心強い。

白石和彌監督は本作が長編デビューということだが、見事な手腕を発揮しており、本作の完成度を見ればその後の活躍も納得である。
グロいシーンもあるし、テーマ的に陰惨な作品なので好き嫌いははっきりと分かれるだろうが、とにかくこの気合の入った演技合戦を観過ごす手はない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ