ここから本文です

殺しのナンバー (2013)

THE NUMBERS STATION

監督
カスパー・バーフォード
  • みたいムービー 26
  • みたログ 265

2.92 / 評価:143件

政府御用仕事人キューザック

  • kun***** さん
  • 2017年6月4日 8時55分
  • 閲覧数 726
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

仕事人始末人殺し請負専門職が少女が殺せなくて、一時的処置として暗号発信
局のガードマン職で精神の病を癒す事になった。
全てCIAの極秘業務内の話で、虚か真か?
似たようなケースが有るんだろうが、ここまで殺し専門職が存在するのは無い
と思う。
何でも自分は9億の養成費用で今の専門になったとか?
表現の自由娯楽作でしょう? あんたは甘いとか?アメリカ政府も理念の元
業務が実行され、それに著しく反する少女殺しはいくら何でも無いと思う。
裏切り工作員始末は有っても。
いたいけな少年には本当にある話に思うかもしれない。
これはUFOや都市伝説の様なまことしやかな「真実」
巷にはその真̪̪̪しやかな「真実」が日本の一部市民に流布され、国際的批判の対象に成ってる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ