ここから本文です
【お詫び】一部の作品において不正なユーザーレビュー投稿が多く見受けられたため、該当作品のみ一時的にレビュー投稿できない状況となっております。ご不便おかけして申し訳ありませんが、しばらくお待ちくださいませ。

楽園からの旅人 (2011)

IL VILLAGGIO DI CARTONE/THE CARDBOARD VILLAGE

監督
エルマンノ・オルミ
  • みたいムービー 16
  • みたログ 31

3.33 / 評価:9件

解説

教会堂の老司祭とそこに集まってきた不法移民たちの交流を通して、未来への希望を描いたイタリア発のヒューマンドラマ。出産や恋の始まり、キリスト教徒とイスラム教徒の対話などの出来事が、教会堂での2夜の間に繰り広げられる。監督は、『聖なる酔っぱらいの伝説』などのイタリアの巨匠エルマンノ・オルミ。出演は、『神々と男たち』などのマイケル・ロンズデールや『ブレードランナー』などのルトガー・ハウアー。困難な境遇の中にあっても失われない、人間同士の理解し合う心や絆に心を洗われる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

取り壊し予定の教会堂に残っていた老司祭のもとに、1人の男が家族を連れてやって来る。家族は不法入国者で、その後教会堂には同じような境遇の人々が集合。そこには、妊娠中の女性や幼い子ども、イスラム教徒もいた。やがて女性が出産すると、皆で赤ちゃんの子守りをする。一方で若者の間には恋愛関係が……。そんなある日、不法移民を取り締まる保安委員が教会堂を訪れる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)COPYRIGHT 2011 Cinemaundici
(C)COPYRIGHT 2011 Cinemaundici

「楽園からの旅人」安易な救済とは無縁な、ささやかな希望の原理を提示

 エルマンノ・オルミは最晩年のアンドレイ・タルコフスキーの境地に近づきつつあるのかのようだ。自ら最後の劇映画と語った前作「ポー川の光」で、ボローニャ大学のおびただしい古文書を太い釘で突き刺し、ポー川のほとりに隠遁した若き哲学教授は村人から「キリストさん」と呼ばれた。本作はその屈託に満ちた宗教的なビジョンを更に深化させた、簡潔きわまる一幕物ふうの変奏といえよう。

 映画は解体業者によって古い教会が取り壊される場面から始まる。キリスト像が吊り下げられ、聖母子像の絵が取り外され、老司祭(マイケル・ロンズデール)は、悲嘆をあらわにし、途方に暮れるほかない。しかし、宗教の無力さを暗示するかのようなプロローグから一転、廃屋と化した礼拝堂にアフリカ人の不法入国者たちが住み始めるや、そこは聖なる場所として再生する。キリスト生誕を想起させる出産があり、裏切りの密告があり、愛の交流があり、二晩の間に、老司祭は急速に衰弱しながらも聖職者の責務を淡々とこなしていく。

 不法移民たちを庇護し、武装した保安委員を語気荒く追い払うシーンをはじめマイケル・ロンズデールの苦悩をたたえた彫りの深い表情のクロースアップはどれもすばらしい。

 ロウソクの灯りで浮かび上がるアフリカの不法移民たちの貌をとらえたカットもルネサンス期の深遠な宗教画を思わせる陰影の美しさが忘れがたい印象を残すのだ。

 オルミは、あからさまな寓意を込めた終末論的なイメージをちりばめながらも、その類い稀な〈美〉の顕現を通じて、安易な救済とは無縁な、ささやかな〈希望の原理〉をここで提示してみせてくれている。(高崎俊夫)

映画.com(外部リンク)

2013年8月8日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ