ここから本文です

わたしはロランス (2012)

LAURENCE ANYWAYS

監督
グザヴィエ・ドラン
  • みたいムービー 191
  • みたログ 455

3.81 / 評価:243件

スザンヌ クレマンの演技力に感動

  • パルしん さん
  • 2018年7月22日 15時41分
  • 閲覧数 739
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

この監督は【たかが世界の終わり】で全く価値観が見いだせず、ずっと観ていなかったが、【マミー】を観て心を鷲掴みにされ、【わたしはロランス】で心を持っていかれてしまった。
素晴らしいの一言。
ストーリーも音楽センスも映像の洗練された見せ方も。
この監督はウィンクの使い方がとても上手い。
マミーではスザンヌのウィンクに惚れ、この映画ではロランスの最後のシーンのウィンクに惚れました。

愛し合っていても、離ればなれになる運命をお互いに選んだのは、それがお互いのためだから。
この二人は隠れて生きるより1人で輝いて生きることを選んだ。
ただそれだけ。
二人に後悔は無い。

素晴らしかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ