ここから本文です

トイレの花子さん 新劇場版 (2013)

監督
山田雅史
  • みたいムービー 5
  • みたログ 19

1.81 / 評価:16件

何故トイレ?なティーン向けホラー

  • 劇場1人 さん
  • 2014年6月23日 6時48分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

何度も様々な媒体で使われてきた題材の新劇場版ですが、私は一度もこのシリーズを見たことが無かったので、他と比べてどうなのかは分からないのですが、まあ突っ込みどころは多々ありつつも、最後までそれなりには楽しめるホラー映画ではありましたね。
ただし、ティーン向け低予算ホラーとしてまずまず見れたのであって、過度の期待を抱いてしまうと、そこは想像に難くないと言うことで・・・。

ところでこの映画を見た限りだと、花子とトイレがどう関係あるのかいまいちよく分からなかったのですが・・・。
そこはもう見る側が知ってて当然な話なんでしょうか?
それとも、ここは相当な突っ込みどころだったのでしょうか?

とりあえず、花子の境遇だけは切なくて切なくて本当に悲しくなっちゃいました。
回想シーンから、少しづつ花子の正体が明らかになっていく辺りの見せ方に関しては、なかなか良かったのではないでしょうか。
花子と主人公の繋がりも、そう来ましたか!な感じで、悪くなかったと思いましたよ。

ただ本筋の花子絡みの怖さよりは、私はこの手の映画の王道でもあるステレオタイプな学校のいじめ描写の方がむしろ怖かったですかね。
と言うか、こんな学校あり得なさすぎでしょ!
低予算過ぎて先生がほとんどいない学校でしたし、生徒はクズばかりだし、いじめ問題は結局最後まで投げっ放しだったし、本当にイラっとさせられましたが、担任の先生役の水崎綾女が物凄く可愛かったので、まあ良しとしましょうか・・・。

それにしても、後味の悪いラストの後の妙にポップな主題歌にはびっくりでした!
良い意味でも悪い意味でも爽やか過ぎて、怖さもモヤモヤ感もどこかに吹き飛んでしまいました。
結局この映画は、主題歌も担当した主演のホンワカ癒し系な上野優華を売り出す為に作られた映画だったのかな。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ