レビュー一覧に戻る
人類資金
2013年10月19日公開

人類資金

1402013年10月19日公開

yos********

1.0

ネタバレ退屈はしなかったけど

キャストは豪華なんだが、それぞれのキャラに奥行がまったくなかった。設定・展開もリアリティがないと思う。 佐藤浩市演じる主人公は詐欺師のはずなのになんだかやけに熱い男だし、仲代達矢演じる財団の理事長は私情を捨ててきたわりにはいとも簡単に組織を裏切る。森山未来はどう見ても東南アジア人には見えない。オダギリジョーが佐藤浩市の欺きに気付いた下りもお粗末(詐欺師だったら証券業界の隠語くらいわかるだろうに)。ヴィンセント・ギャロ演じる組織のボスも世界経済を裏から操っている存在の割に底の浅い印象。ユ・ジテ演じる組織の殺し屋もなぜか最後、簡単に自分を見失ってしまう。エピローグで佐藤浩市に水を施した子供たちはなぜか礼の札を受け取らない(んなはずはなかろう)。 と、ツッコミどころ、違和感が盛りだくさん。 ギャロが好きで観たのだが、「金の為に出ただけさ。」といつもの調子でつぶやいてるんだろうか。

閲覧数228