レビュー一覧に戻る
危険なプロット
2013年10月19日公開

危険なプロット

DANS LA MAISON/IN THE HOUSE

R15+1052013年10月19日公開

kih********

3.0

覗きを助けて、自分が覘かれるハメに。危険。

 本当にこれは“危険な”プロットだ。文学の授業のはずが、教師と生徒の、才能の利用か対立か、 “危険な”関係になる。生徒の創作を助けるつもりの悪事までやってしまう。  生徒の方では、職業作家になるつもりはない。単なる“覗き趣味”が発露しただけだが、先生の指導によって、危険なまでに行き過ぎてしまった。覗かれた家庭を辱しめる事態にまで発展。単なるゴシップ記者でしかない。  先生の指導の行き過ぎの結果、先生自身までも職業も家庭も失ってしまう。“危険な”生徒だった。  この一件は、生徒の危険因子によるものか、それとも先生が持っていた危険因子か。ひょっとしたら、文学というもの自体が“危険”なのではないか。覗き趣味だ。フィクションの文学であったとしても、それには実在の人間への洞察力が必要で、そのためには観察が不可欠で、それは基本的には『裏窓』からの覗きだ。  先生も生徒の覗きを支援し指導した(つもりであった)のだが、実は自分のことまで覗かれていた。ついには壊されてしまった。本当に“危険な”プロットだった。

閲覧数1,837