ここから本文です

皇帝と公爵 (2012)

LINHAS DE WELLINGTON/LINES OF WELLINGTON

監督
バレリア・サルミエント
  • みたいムービー 21
  • みたログ 37

3.15 / 評価:27件

皇帝も公爵も主役もいない

  • ter***** さん
  • 2014年1月25日 17時25分
  • 閲覧数 540
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

テアトル梅田でみた。
配役などをみるとなぜテアトルのような三流映画館でしか
やらないのかと思うが、見るとすぐ理由が分かった。
「皇帝ナポレオン」は一瞬たりとも登場しない
「公爵」歴史上この時点でウエリントンは公爵ではないが、
画家にぼやきをしれるだけのさえない人物である。
そして最後まで誰が主役かわからない
戦闘シーンはほとんどない
なぜでてくるかわからない人物が何人も登場し、
わけのわからないセリフを吐く
そして都合良くありえない事も多々起こる。
シーンシーンには見るべき所はあるが
シナリオが支離滅裂なのか、編集がひどいのか・・・
戦争は悲惨だということがいいたいのだとはわかる。
歴史好き・戦争好きな人はみてもつまらないだけだ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ