ここから本文です

「また、必ず会おう」と誰もが言った。 (2013)

監督
古厩智之
  • みたいムービー 39
  • みたログ 85

3.54 / 評価:68件

十年後の主人公に会ってみたい

  • etc***** さん
  • 2013年10月17日 1時13分
  • 閲覧数 1066
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

個人的にロードムービーに大事な物はテンポとキャラクターだと思っているけど、この作品はどちらも良いね。
前者に関して言えば、「些細な嘘から東京へ行く事になったものの、トラブルに見舞われ帰れなくなる」という基本設定が開始僅か5分ど語られ、後の尺は全て帰りの道中に費やされる。その内容も会話主体で描かれる為、テンポが実にいい。

キャラクターに関しても、出会う大人達は皆何かを背負った厳しくも優しい人達として、大きな存在感を発揮している。自分はこの主人公より一回りは年上なのだが、それでもグサッと突き刺さる言葉があって、中々に考えさせられた。
道中の終盤、これまで連れて行ってもらっていた主人公が連れて行く立場になるのだが、そこで口にした言葉は確かな成長を感じさせるもので、ここまで一緒に旅をしてきた観客としては感慨深いものがあった。

せっかく各地を転々と旅するのに、ほとんどの人物が標準語を話すため距離として実感しにくいのが残念と言えば残念。
しかしこういった作品の一番の醍醐味である少年の成長がしっかりと描かれており、十分に楽しめる映画だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ