ここから本文です

「また、必ず会おう」と誰もが言った。 (2013)

監督
古厩智之
  • みたいムービー 39
  • みたログ 85

3.54 / 評価:68件

残念

  • uai***** さん
  • 2014年12月6日 11時43分
  • 閲覧数 2142
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

原作は自然に涙が溢れる秀作で皆にすすめたくなる素晴らしいものだったので、映画化に心から喜んでました。が、原作の中での主人公の心の革命的な成長や精神的なイキイキとした躍動感が、全く表現されておらず、別設定の人物がやたらワラワラと出てきて唖然としてるうちに終わった…
イッセー尾形さんとのやりとりの部分だけは尾形さんの演技の素晴らしさもあり心に残りましたが、それ以外はひたすら残念でした。
なぜあの原作でこの脚本と構成なのか…
ちなみに初めは今時のイケメンに見えていた主役の男の子がだんだんブラマヨのぶつぶつのほうに見えてきたのも残念でした…

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ