ここから本文です

「また、必ず会おう」と誰もが言った。 (2013)

監督
古厩智之
  • みたいムービー 39
  • みたログ 85

3.54 / 評価:68件

原作読んで感動した人は観ない方が。

  • pot***** さん
  • 2015年8月9日 2時30分
  • 閲覧数 1370
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

レビューの結論は、原作と高レビューに期待して観ると、時間の無駄です。

Yahoo、amazonレビューが高評価だったことと、原作で感動していたので観てみました。
まず、「は?ここで終わり!?」って所で終わります。
ええ。まさにブツ切りです。
時間なかったんで、ここで許してね〜♪と聞こえてくるような終わり方。
絡みがあった大人は、3人程度。

また、衝撃的だったのが主人公の旅は、途中で終わりです。
原作で帰れた熊本にも、劇中では熊本に帰りません。

帰れなかった事が不満であるはずもなく、あれだけ素晴らしい原作を
どうやったら、こうなるんだ!という気持ちしかありません。

原作者の喜多川さんもよくこれで許したなぁという印象。

原作は、魅力的な大人が沢山出てきましたが、
映画にでてくる大人は、ただの「変わり者」にしか見えませんでした。
特に最後の母親。ヒステリックで怖い。あれ要りますか?

時間が沢山あって、怖いもの観たい人にはオススメです!

原作未読の方は、まず原作を読んでみて下さい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ