ここから本文です

「また、必ず会おう」と誰もが言った。 (2013)

監督
古厩智之
  • みたいムービー 39
  • みたログ 86

3.51 / 評価:69件

また会ったとして、どうすんの?

一見成長物語を予感させるが、違う。
出てくるのは、一癖も二癖もある変な人ばかり、そんな人と出会ったという話。

主人公からして、見え透いた嘘ばかり言う見栄っ張り、この旅で色んな人と出会う経験はしたが成長は描かれない。

最初の店員のエピソードは、亡くなった子供を思う気持ちが何か情緒を誘うが、それは微か。意味不明の能書きを垂れる。

トラックの運転手も、能書き好きなだけ。家庭を顧みなかった結果で娘が見舞いにも来ないし、親類も一見磊落そうでいて、嫁を病気に追い込む無神経で粗野な性根、そんな人々と出会っても成長はしない。

オセロ名人とは掃除しただけだし。病気の嫁は悲しさしかもたらさない。

結局、判ったような判らないお話し。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ