ここから本文です

HOMESICK (2012)

監督
廣原暁
  • みたいムービー 9
  • みたログ 30

3.29 / 評価:14件

解説

卒業制作『世界グッドモーニング!!』が国内外で高く評価された期待の新人監督・廣原暁が手掛けた人間ドラマ。若手映画監督への製作援助システムPFFスカラシップによって製作。再開発で取り壊される実家にとどまる30歳の青年が、近所の悪ガキ3人組との交流を経て、自らの居場所を見つけ成長していくさまを描く。さとり世代と呼ばれる今どきの若者を象徴するような主人公には、『家族X』などの郭智博。音楽を、国際的に活躍するミュージシャン、トクマルシューゴが手掛けている。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

一家離散状態の上、地域の再開発で取り壊される実家に暮らす30歳の沢北健二(郭智博)は、特に将来の展望もなく日々無気力に過ごしていた。そんな中突然失業し、行くあてのない彼は引き渡しの迫る実家に居続けていたところ、夏休み中の小学生男子3人組に水鉄砲や水風船で攻撃される。健二が応戦して以来、少年たちは毎日のように家にやって来て……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ