2013年7月20日公開

不安の種

PG12872013年7月20日公開
不安の種
2.0

/ 173

5%
10%
16%
24%
46%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

不思議な出来事が頻発する地方都市、富沼市。バイクで事故に遭ってしまった誠二(須賀健太)に助けを求められたバイク便ライダーの巧(浅香航大)。しかし、誠二は医学上は死亡していた。誠二は意識が遠のく中、誠二と巧を遠くから眺める恋人・陽子(石橋杏奈)との出会いを思い出す。その後バイク便ライダーを辞めた巧は、次のアルバイト先で陽子に出会い……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(60件)

不気味23.0%恐怖19.5%絶望的15.9%不思議11.5%パニック8.0%

  • cyborg_she_loves

    3.0

    怪談小ネタ集みたいな

    これはホラーというよりホラー・コメディと呼びたくなるなあ。起こってる怪奇現象が全部、なんかユーモラスなんです。全然怖くない。  これを「ユーモラス」じゃなくて「馬鹿馬鹿しい」と感じたら、見ていて腹が立ってくるのかもしれませんが、私は少なくとも、そんなに悪い印象はなかったです。  全体のストーリーはあってないみたいなもんで、実態は、数分ぐらいの怪談小ネタが集まったオムニバスみたいな感じの映画です。  大学に入って富沼(ふぬま)市というところで1人暮らしを始めてみたら、何だかいろいろ怪奇現象が起こる、という話。  そういう作りなんで、別に集中して見る必要はないので、何かしながらでも流し見て怪談話の雰囲気を楽しむぐらいの見方するにはちょうどいいんじゃないでしょうか。  ただ、時々飛び上がるような大音響を発するので、深夜などにはちょっとご注意。「怖がらせる」ことと「驚かせる」こととを同じことだと信じてる人たちが作ってる映画です。  恐怖映画としての質は、まず最低レベルですな(笑)。

  • ron********

    3.0

    抑揚が少ない

    原作のコミックは全く読んだことがないため比較は出来ないのですが、この映画は映画でなかなか不気味で面白かったです。 クリーチャーというか霊?のデザインが結構気持ち悪くて怖い。 劇中で唄われる童謡も不気味で良いです。 怪異のデザインと恐怖の演出は良いので、恐怖シーンはそれ「単体」で見ればなかなか怖いのですが、映画全体として怖いシーン、不気味なシーンの数珠つなぎのようになってしまっていて抑揚がなく感じられるのがもったいない。 ずっと不気味なシーンが続くのでそれ自体に慣れてしまうというか…。 もう少し日常シーンとの落差があればもっと怖くなったかもしれません。 あとストーリーのほうはホラー映画らしく「理に落ちない」「不条理」な展開になりますが、もう少し相関関係や伏線をうまく貼ってほしかったというのが正直なところ。 ホラーですから全てを説明する必要はないと思いますが、あまりに突飛すぎて「とりあえず適当にホラーでよくありそうな展開にしてみました」感がしてしまうのが残念。 特に最後のタイムループに関しては「???」でしたね。 劇中それらしい伏線もないですし、誰も何の説明も出来ないと思います。 そんなこんなでまあボチボチ楽しめましたがモヤモヤも残る…そんな作品でした。

  • 1.0

    見てて辛い…

    原作は好きなんですが…この映画はアカンです。実写化は難しいのかもしれないですが、もう少し頑張って欲しかった…

  • tak********

    4.0

    好きなマンガなんです

    原作漫画の独特の世界観に寄せようとして頑張ってる感はありますが、やはり全然足りません。 しかしB級ならではの作り込みや、精神をエグれさせようという気概は感じます。嫌いじゃないです。もっとやって欲しかったです。 大好きな作品ですので、めちゃくちゃ甘採点。

  • run********

    1.0

    こんなに

    感想を投稿してる人がたくさんいてビックリした。須賀健太と浅香航大が出ていて明日の光をつかめを思い出したな〜

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
不安の種

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル