ここから本文です

今日子と修一の場合 (2013)

監督
奥田瑛二
  • みたいムービー 38
  • みたログ 138

2.78 / 評価:80件

今日子の場合??

  • lem******** さん
  • 2014年11月10日 10時32分
  • 閲覧数 2235
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

うーーん、正直退屈でした。意味不明な長めのカットが多数あり早送りしたくなった。

究極に分からないのが今日子の場合。今日子役の安藤サクラが不幸顔なので、常に満たされてない女なのは分かるのですがそもそも夫も子供もいた平凡な主婦がなぜ保険の枕営業??断るでしょ、ふつう。彼女の場合は、それを拒なかったし離婚言い渡されても子供への未練がないように見えた。そして、上京し極道もの徹に出会う。でも、この怪しい男はだらしなくてもそれなりに今日子を愛してるように見えたし今日子が徹に対してどんな気持ちを抱いてたのかが不明でした。

それに対して修一の場合はありがちな再生物語に徹していました。お母さんに対して後ろめたい気持ちがあったかもしれませんが被災しているかもしれない状況で会いに行こうとしないとこに苛立つくらい。ラーメン食べてるシーンとか何か意味あったんでしょうか?

この2人が震災を機に故郷に戻ってくるのですが、2人はすれ違うだけなのです。修一はお母さんとちゃんと向き合って東京に戻って新しい生活に戻ったら良いけど今日子は・・・。どうやって再生するの??子供もお母ちゃんの顔覚えてなかったっぽいし。そもそも、震災が起こって色々あってまた故郷に戻る期間が明確に描かれてない、次の年の冬だったのかな??

修一が今日子を救うみたいな設定がないと救われないし、今日子の場合がどんな場合なのかとうてい理解できない。

演技者は良かったと思います。特に淡々としてながらも悲しみ内に秘めてるような安藤サクラの演技はいつみてもうまいなと思いますね。

尺をもっと短くして2人をリンクさせるようにしたらもっと観れたのにな・・と
思う。。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ