ここから本文です

今日子と修一の場合 (2013)

監督
奥田瑛二
  • みたいムービー 38
  • みたログ 138

2.78 / 評価:80件

中崎タツヤのじみへんと紛うことなかれ

  • jag***** さん
  • 2018年11月20日 4時15分
  • 閲覧数 1819
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

訳アリの女と男が後ろ暗い理由で帰れなくなったふるさとの震災の街を、亡き家族を思い訪ね歩く物語。
まぁ、暗いし奥田瑛二が何を言いたかったのかはよくわからないけど、震災の遺族の人にはこんな人もいますよ、という事か?それとも袖振り合う事もない隣の席に座っているのは殺人犯かもよ?というメッセージか?

物語にはラーメンを食べるシーンがよく出てくるのだが、これがちっとも美味そうではない。
中崎タツヤのじみへんの中ではラーメン屋店主が「いや~ウチはこだわりなんかひとっつもないからっ」と町のその辺にある小汚いラーメン屋が出てくるのを彷彿とさせたり、安藤サクラのような、美女じゃないけど陰のある謎の色気のある訳アリ女と男が出会いエロい展開もしくはシュールな会話で終わる。
この作品はじみへんの実写版に余りにも雰囲気が似ているので、途中から面白くなってしまった。
中崎タツヤの漫画家引退は惜しかったと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ