ここから本文です

オーソン・ウェルズ IN ストレンジャー (1946)

THE STRANGER

監督
オーソン・ウェルズ
  • みたいムービー 8
  • みたログ 33

3.75 / 評価:8件

「命令に従っただけ」

  • e_s***** さん
  • 2015年7月9日 16時40分
  • 閲覧数 416
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

オーソン・ウェルズが、ナチ戦犯の役を不気味に演じている
監督自らが、このような嫌われ者を一貫して演じるのは、ナチの実態を知って欲しい願いからか…
(実際のアウシュビッツ強制収容所の映像も流れます)

ナチお決まりの「命令に従っただけ」だと言い訳するも、実際には本能的に世界を自分の思い通りにしよう、支配しよう
ナチス再建の野望
私利私欲のために、かつての仲間を殺害
エドワード・G・ロビンソン扮する捜査官対オーソンウェルズ!
利用されただけの女、メアリーや、その弟ノアをも巻き込み、心理戦に

独特な影使い方、それ見るだけでオーソン・ウェルズだなぁ~って
ラストの時計台の使い方と言い、センスを感じる

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ