ここから本文です

解説

『メリーに首ったけ』のピーター・ファレリー監督の提案により、ハリウッドの大物スター豪華共演が実現したお下劣コメディー。『トレジャー・ハンターズ』のスティーヴン・ブリルをはじめ多彩なメンバーがメガホンを取り、衝撃の物語を紡ぎ出す。オスカー女優のハル・ベリーやケイト・ウィンスレットらが捨て身の熱演を披露。若手からベテランまでオールスター総出の、ナンセンスで悪のり満載の内容にあっけにとられる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

脚本家のチャーリー(デニス・クエイド)は、ハリウッドの大物プロデューサー(グレッグ・キニア)のオフィスに乗り込み、自分の映画企画を何とか売り込もうとしていた。彼がうれしそうにまくしたてる驚きの内容に、経験豊富なプロデューサーは……。一方、ベス(ケイト・ウィンスレット)は、友人の勧めでミスターH(ヒュー・ジャックマン)とのデートに出掛ける。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ