レビュー一覧に戻る
ジンジャーの朝 ~さよなら、わたしが愛した世界
2013年8月31日公開

ジンジャーの朝 ~さよなら、わたしが愛した世界

GINGER & ROSA

PG12902013年8月31日公開

********

1.0

ネタバレ胸糞な毒親

自分のことしか考えられない親の元で育てられた子供はムリヤリ大人になることでしか生きていけない。 そして大人になってからも、「子供でいさせて貰えなかった子供」時代のトラウマに苦しむことになる。 ラストシーンのあと、彼女は苦難の人生を歩むことになるだろう。 中盤までは性欲と嫉妬を孕んだ思春期の女同士の行きすぎた友情、もしくは恋のような関係を描いたお話かと思っていたら、甲斐性のない中年男の下半身に全部もっていかれた。 ジンジャーとママがひたすらに可哀想で、パパはひたすらにクソ。 親はどちらもジンジャーの前でそれらのことを行うことで彼女の心に傷を付けていることへの配慮はゼロ。 これは血を流さないタイプの虐待を描いた映画。 ただ配役と、画面の色のバランスは良いと思いました。

閲覧数915