レビュー一覧に戻る
ジンジャーの朝 ~さよなら、わたしが愛した世界
2013年8月31日公開

ジンジャーの朝 ~さよなら、わたしが愛した世界

GINGER & ROSA

PG12902013年8月31日公開

kli********

1.0

ネタバレ誰でも作れる映画

ジンジャーとローザは17歳、私がこの映画見たのは18歳くらいでした。年が近いこともあり、この話の中盤には大体伝えたいことが読めた。儚く、どこか寂しくて、虚しくて、といった感情ですよね。 だけど、ラストの見せ場まで、盛り上がりまでが非常に退屈すぎる!せっかく待って、待って、待って、ようやく最後にジンジャーが感情を露にして言ったセリフが、「お父さんとローザがセックスしてる。」・・・・・・・・・。 は? しかも妊娠までしてると、完全に修羅場に陥ってるシーンで、もう、一気に気分が白けて最後の方は薄目を開けて観てしまいました。「もういいから早く終われー」と思ったし、最後やっぱり空気みたいに静かに余韻を残してフェイドアウトして幕を閉じるというありきたりな構成。 一言で「あ、そう。」って言うような話を無駄に引き伸ばして作ってる感じ。でも、たしかに親友が自分の父親とセックスしてたら(しかも母親がいる身近で)、驚愕ですね。 この衝撃的なシーンを、この話から抜き取ったら何も残らない。中身が空っぽの映画だと思いました。 もっとジンジャーの心の叫びを、セリフで表した方がインパクトのある作品になったはず。雰囲気だけで感じ取らせる作品って、ありふれてるから。

閲覧数2,109