レビュー一覧に戻る
ジンジャーの朝 ~さよなら、わたしが愛した世界
2013年8月31日公開

ジンジャーの朝 ~さよなら、わたしが愛した世界

GINGER & ROSA

PG12902013年8月31日公開

jag********

3.0

ネタバレ後味悪い通過儀礼。こんな友達は嫌だ

生まれた時から幼馴染のジンジャーとローザ 思春期になり、ジンジャーは反核運動に燃え、ローザは恋愛至上主義に育つ いつの間にか価値観の違ってきた2人にジンジャーは、自由人の父と10代でジンジャーを産み苦労した母の不仲に、父に肩入れするものの、その父はローザと付き合い妊娠までさせている…。 たまたま非常識な父と思春期で欲情しやすい幼馴染のローザの2人に翻弄される周囲とジンジャー。 同じ日に生まれ、一緒に育ち、同じ経験をしてもそもそもの人間性が違った2人。幼馴染じゃなかったら友達にもならなかったのかもしれない生き方の全く違う2人。ジンジャーが恐れていたものは、そのことに気づくことで、違いを認め関係を諦める事こそが世界の終わりだったのでしょう。 母親は自殺未遂し、父の子を妊娠し、すべてをぶち壊したローザも父もジンジャーに許しを乞う。 ジンジャーはローラを許しいつか会いに行こうとは言うけど、精神的にはもう決別の意思は固まったといった感じ。

閲覧数1,605