2013年6月22日公開

スターティング・オーヴァー

842013年6月22日公開
スターティング・オーヴァー
4.0

/ 14

71%
0%
7%
0%
21%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(6件)


  • エルフ

    5.0

    制約が凝縮感を醸成、二人の行く末は…。

    10年間付き合った末に別れを決めた洋子と太郎。 最後の晩餐と称して太郎が作ったオムライスは伊丹十三監督の映画「タンポポ」のあのシーンが鮮烈に思い出され、不思議なリンク感がありました。 他にも登場するレシピから映画好き・料理好きの心をそそる粋な計らいとこれらの作品へのリスペクトが感じられました。 ポトフを煮込むのに使った日本酒「越乃景虎」や油揚げのお話も登場します。 いずれも五藤利弘監督作品「モノクロームの少女」の舞台となった新潟県栃尾地域の名産品であり、話のつながりが納得できると思います。 五藤監督の郷土愛が感じられるとともに、故郷を離れて東京で暮らす若者の郷愁が描かれていました。 もう一つのキーポイントは柿の種でしょうか。 作品中に登場する二つの柿の種の缶が元でハプニングとなり、太郎が狼狽する様子がユーモラスに描かれていて爽快感ある笑いを誘いました。 過去に複数の恋愛経験がある男性なら誰しも思い当たる節がある経験なのではないかと思います。 太郎は真夜中の街をさすらい、「絣(かすり)」という名のバーへ。 店主が太郎に説く台詞が人間関係の縮図を端的に表現していて実によかったです。 その台詞が私の心に強く響きました。 他の方もレビューされているとおり予算の制約があるシリーズながら、その制約がむしろシナリオの面白い部分を凝縮していてよい方向に働いていると感じました。 全般的にゆっくりとストーリーが展開されながらも次の展開を想像させるに程よいペースであり、要所要所に切り返しのシーンが組み込まれていて話の成り行きを楽しむことができました。

  • lil********

    5.0

    制約を逆に活かした面白さ

    予算のないシリーズにあって、その制約をうまく設定に活かしているのがいい。 ほぼ1つの室内で展開しているが会話も展開も飽きさせないで見せてくれるしおかしさの中に最後にホロリとくるようになっている。

  • ymo********

    1.0

    人は幾重に重なって生かされているの

    「STARTING OVER」 タイトルを普通に訳せば「やり直すこと」と言うことになりますが、映画自体の内容も結末もこのまんまです。 ”こんな役立たずと十年いて洋子はどうなんだよ” ”お前等高校からだっけ” 物語は、付き合い始めて十年を迎えた太郎(片山享)と洋子(成澤優子)は東京で同棲していましたが太郎が別の女性と交際を始めたことから同性を解消して別れることになります。部屋の契約期限が迫る中で二人は引っ越しの準備をすることになるが・・・・。 ”私たちまた会う?” ”私の有り難みがやっとわかった” ”今度作って失敗してないちゃんとしたオムライス” ”私もこの中に入るのかな” ”納得いかないんだもの” ”じゃあ彼女と別れてよ” ”ねえもう一回だけ考えて” ”一緒に地震も経験したのに” ”最後までトゲあるね” 物語大半は彼らの部屋でのやり取りが中心となります。太郎の浮気が原因にもかかわらず別れることに納得がいかない洋子はネチネチと責め上げます。太郎は洋子が嫌いというわけでもないが別の彼女が出来たからという理由ですので洋子に言われるがままです。 ”無駄に映画ばかり観て何の役にもたたないんだから” ”大杉漣が食べてたやつ” ”家族ゲーム、目玉焼き、ちゃんとチュウチュウできるよ” ”たんぽぽオムライス” ”のだめに出てきたポトフ” 映画好きのフリーターでオークションで映画のチラシを売っているだけにも拘わらずに映画関係の仕事をしていると見栄を張る太郎の作る最後の晩餐は映画にちなんだものばかりです。大したものは作っていませんが映画好きにはニヤリとさせられます。 ”人は幾重に重なって生かされているの” 部屋を追い出されて行き場を失った太郎が入り込んだ店でオカマに言われる言葉の如く人の結びつきの大切さと言ったところでしょうか。 ”違う、やっぱ違う” ”やっぱり洋子と一緒にいたい” ラストの唐突さや虫の良い太郎や寛容な洋子などイマイチ感情移入しにくい話です。 そもそも内容自体が映画としてはたわいもない話で結構退屈です。

  • mwp********

    1.0

    ネタバレ会話が・・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yuu********

    5.0

    低予算でも面白くできる

    限られた予算で製作するこのシリーズだが、脚本とアイデア次第でここまで出来ることを実証出来たのではないか。ほぼ同じセットの中でも先の読めない展開が観る人を惹き付けるはずです。

  • ken********

    5.0

    大事な人を見失わないように

    0年同棲したのち別れる日の一夜の物語。 絶対別れたら一生後悔するって分かってるだろうに、他に女作るなんて、本当に男ってバカね。 男としては、大事な人はだれかも見失ってはいけないという教訓のような映画でした。 成澤優子さんが、いい女で、一方甘え上手っぽい日高ゆりあさんとの対比がわかりやすくていい。 過去の恋愛に後悔してる人には心が痛い映画ではないですかね。

1 ページ/1 ページ中