ここから本文です

劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 漸(ゼン)ノ篇 (2013)

監督
堤幸彦
  • みたいムービー 189
  • みたログ 1,728

2.67 / 評価:1143件

レビューしようもない。続き観らんと…。

  • sou******** さん
  • 2018年2月17日 7時05分
  • 閲覧数 1046
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

オープニングに登場する烏の大群、足3本の八咫烏じゃん!で、スタート。
見逃さんよねェ…僕って。なんて自己満足に浸りつつ鑑賞。

見逃さない目線のつもりで観たのだが…。

こんなもの、評価しようもない。完結していないのだから。

多次元とかパラレルワールドとか面白そうな展開と、継続してネタになっているファティマ第三の予言…。

この映画に対して言える事は、次作で広げた風呂敷は綺麗に畳んでくれよ!ってだけだ。

あえて、単体で気に入ったところを書けば、コミカルなシーンは相変わらず僕のツボではある。爆笑ではなく、ちょい吹き出し笑いを誘う感じは僕に合う。

それから、このシリーズは絶対に餃子の売上に貢献しとる筈。
しかし毎度鑑賞後に迷うのは、焼きか水か。悩みは深いが、当麻並みの食欲で両方いくか…などと妄想させてくれる作品だと思う。ちなみに、本当か嘘か、知人の中国人が言ってたが、本場は焼かないらしい。
さらに、ごぼうは中国から日本に入ってきたらしいが、食料としてではなかったそうな。本当か嘘かは知らん。
何が言いたいか?これぞ、映画のテーマである、人類の進歩である!日本人は、餃子を焼いてごぼうを食べるスペックがあったのだ…。なんてネ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • 絶望的
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ