ここから本文です

劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻(コウ)ノ篇 (2013)

監督
堤幸彦
  • みたいムービー 195
  • みたログ 2,083

2.45 / 評価:1641件

ファティマ第三の予言とかいる?呆

  • piz******** さん
  • 2021年3月28日 1時02分
  • 閲覧数 583
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ファティマ第三の予言とかいう我が国には縁もゆかりもないカトリックミステリーを持ち込む必要あったんでしょうか?
聖母が出現したとされているのはポルトガルのサンタレンです。
埼玉県や浦安市じゃないんですよ。
門外漢の東洋人がファティマだのソロモンの鍵だの言ってるだけでも寒いのに、結局有耶無耶なんだから不要もいいところです。
エヴァンゲリオンの裏死海文書みたいなミステリアスなキーワードとして引っ張ってきただけとしか考えられず、造り手の知性の限界が見えてしまった。
そもそもこのシリーズ、セリフだけが地球規模で画面に映し出されるスケールが異様に小さい。
世界の要人の寿命を書き換えるサブアトラスがああだこうだ、シンプルプランがどうしたこうしたと大層なスケールの話が飛び交ってますが、実際に仕事しているのは数名の日本人のみという違和感がやばい。
これだけ大規模な設定なら各国政府や諜報機関、世界中のスペックホルダー数十人の活躍は描かないと釣り合いが取れません。
普通に考えれば北米南米ロシアEU圏中東やアジア一帯にもわんさかいるであろうスペックホルダーの影も形もなく、フリーメーソンやバチカンの名前だけは出てくるが姿は見えず、未詳の周辺でだけ全人類を巻き込んだ話が進んでいくって相当に不自然ですよ。
作中のナレーションによるとスペックホルダーは100万人に1人の割合でいるそうですが、日本だけで100人程度、日本以外にその70倍以上、7000~8000人程度いることになりますが?
どこ行っちゃったんでしょうね?
そして地球規模で異変が起きているのに各国機関が直接絡んでこないのはなぜでしょうか?
アメリカ中央情報局やロシア対外情報庁に比べたら未詳なんてザコもいいとこだと思いますが。
もし仮に世界規模の異変が実際に起きたら、未詳みたいな島国の小さな組織は何の捜査権限も与えられず、国連やアメリカの機関に委ねられると思いますよ。
「闇金ウシジマくん」のように「とりあえず警察に通報しろよw」と突っ込みたくなる作品がちょくちょくありますが、このシリーズに覚える違和感の大きさはそれらの比ではありません。
終始東京を中心としたせまーいエリアで日本人数人がゴチョゴチョやっているだけなので、あらゆるシーンで「うん、それで他国は何をしてるの?」「で、他のスペックホルダーはどうした?」と突っ込まずにはいられません。
筒井康隆著「日本以外全部沈没」のように日本しか残っていない設定ならまだ分かりますけど。
そんで挙句の果てにはファティマ第三の予言とかこれ作った人のセンスは一体どうなってるんでしょうか・・・蛇足を詰め込みすぎ風呂敷を広げすぎて身の丈に合っていません。
ケイゾクサーガとして見てみると、真山徹や朝倉の謎めいた描写が含まれていたり、平行世界に異なる当麻が存在していたりと深読みできる余地が多くありなかなか噛みごたえがあるのですが、既に述べてきたように土台となる世界観があまりにも幼稚すぎるため、「どうでもいいわ」という感情が先に来てしまい咀嚼しようという気にもなれない。
連ドラまではそこまで大規模な話になっていなかったのでまだ良かったんですけどね。
翔あたりから雲行きが怪しくなり、天以降は制作陣の知能指数が50ぐらい下がったように感じてしまいます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ