ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

悪いやつら (2012)

NAMELESS GANGSTER: RULES OF TIME

監督
ユン・ジョンビン
  • みたいムービー 57
  • みたログ 256

3.75 / 評価:151件

どういうモチベーションで見ればいいのかな

  • i_seraphim さん
  • 2017年7月12日 9時54分
  • 閲覧数 604
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

大好きなおじさん俳優が大勢出てて面白そうだったんだけど、視聴中ずっとなんか違うなー、と感じっぱなしの映画でした
その原因はもっぱら主人公の人柄にあって、この主人公である元公務員のおっさんがとにかくセコくてみみっちくて頭が悪く他人をアテにして場当たり的に強そうな奴に擦り寄ったりするしか能のないひたすら卑しいダメ人間で、ちょっと追い込まれるとすぐに裏切る
愛嬌があればまだ良かったんだけど小物丸出しなのに態度が尊大で下劣な感じがなんともいやらしい
さすがにこんなおっさんが主人公では何を楽しみに見ればいいのかわからない
劇中で検事に「なんなんだお前は、ヤクザでもねえ、かといってすっカタギってわけでもねえ、風向き次第であっちへホイホイこっちへホイホイチョロチョロしやがって」みたいなことを言われるんだけど、まさにそんな感じ

しかも相棒の親分もヤクザとしての底が見えない怖さがあるでもなし筋が通った任侠の意気が感じられるでもなし、なんともボンヤリした人物像でこれも見どころにならない

ライバル親分役のチョ・ジヌンさんを筆頭に、その愛人役のキム・ヘウンさん、社会正義の権化みたいな強面検事役のクァク・ドウォンさん、主人公の妹の結婚相手役のマ・ドンソクさんなどキャスティングが良かっただけに残念としか言いようがない

時代に呑み込まれた悲しさみたいなものでも出てればまだ見終わった後に何か残ったかもしれないんだけど、あのエンディングでは「あぁ…そんな感じね…」ぐらいの印象しかない

どんな気分になってほしくて作った映画なの?これ

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ