ここから本文です

悪いやつら (2012)

NAMELESS GANGSTER: RULES OF TIME

監督
ユン・ジョンビン
  • みたいムービー 58
  • みたログ 263

3.74 / 評価:155件

解説

『オールド・ボーイ』などの名優チェ・ミンシクと、『ノーボーイズ,ノークライ』などのハ・ジョンウが共演を果たした秀逸な男たちのドラマ。1990年の盧泰愚(ノ・テウ)大統領による「犯罪との戦争」宣言を契機に、港町釜山で生き残りを懸けた戦いに挑む男たちの生きざまを描く。共演はチョ・ジンウンやマ・ドンソクら名脇役たち。演技派俳優による演技合戦はもとより、複雑に交錯する彼らの命運に翻弄(ほんろう)される。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

1982年、釜山の税関で検査課主任として勤務するイクヒョン(チェ・ミンシク)は、夜の巡回中に大量の覚せい剤を見つける。密輸や賄賂が当たり前の税関内で、これまで彼も当然のように不正に手を染めながら家族を養ってきた。イクヒョンは覚せい剤の日本への密輸を思い付き、釜山の裏社会を取り仕切るヒョンベ(ハ・ジョンウ)に取り引きを持ち掛ける。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)2012 SHOWBOX/MEDIAPLEX AND PALETTE PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2012 SHOWBOX/MEDIAPLEX AND PALETTE PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

「悪いやつら」チェ・ミンシクの酔っぱらい演技は余人の及ばぬ境地である

 冒頭、韓国プサン港の税関の検査シーンで袖の下=わいろを受け取るときの、チェ・イクション(チェ・ミンシク)の演技が相変わらずわかりやすく饒舌、巧い。魚の餌とか何とか偽って、高麗人参を輸出する男を問い詰めながら、その男が実は上司の知り合いとわかり、これでお情けをとお金を渡そうとすると、いや、困ったな、それは……とか言う前にチェ・ミンシクはジャンパーをはだけて内ポケット=袖の下を示しているのである。この自然体、公務員の鑑? ではないか。

 しかし、そんなチェ・ミンシクも検察が査察に入ったとき、誰かが責任をとらなくてはいけなくなり、扶養者の人数(!)で敗北、一人詰め腹を切らされることになる。このズルズルと進行する生活感覚、われわれのそれと遠くない。偶然に倉庫で手に入れたドラッグの処分をめぐって、釜山の暴力団と接触、そのボス、チェ・ヒョンベ(ハ・ジョンウ)が、遠い親戚縁者の一人とわかり急接近、なれなれしい饒舌と、築き上げた彼流の<黒革の手帖>=権力者との直通電話網を武器に、ここでもズルズルとのし上がっていく。それにしても、チェ・ミンシクの酔っぱらい演技は絶妙だ。「オールド・ボーイ」以来のズルズルした<酔演>は余人の及ばぬ境地である。

 ハ・ジョンウの表情のクール、声のたたずまいには、「チェイサー」「哀しき獣」等とこれまで痺れてきたが、「悪いやつら」のラストはハ・ジョンウのこの声で締めくくられる。チェ・ミンシクとハ・ジョンウの二人の一心同体から離反へのドラマの<次>を告げる<呼びかけ>。「ベルリン・ファイル」のラストを飾った、<次なる苛烈なドラマ>へ導く<声>のかっこよさとは性格が異なるが、あるシンプルな<呼びかけ>が映画として実に上手い。その言葉にストーリーを収斂させる<想い>。

 同じく、プサンの裏社会を扱ったものに「友へ チング」があるが、またあれも観たくなった。確認したくなったのが、韓国における<ヒキガエル>の象徴と意味。(滝本誠)

映画.com(外部リンク)

2013年8月29日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ