ここから本文です

かしこい狗は、吠えずに笑う (2013)

監督
渡部亮平
  • みたいムービー 22
  • みたログ 128

3.80 / 評価:97件

UNEXTで見ました

  • qu_***** さん
  • 2020年7月19日 0時13分
  • 閲覧数 257
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

解釈分かれそうな感じで監督の意図が読み取れているかどうか。

要素としてはこんな感じ?

・顔を描いたみかんがイズミの部屋にある→ここまでは事実
・警官が2人乗りを注意しない→この時みさ1人だった
・みさがタバコ吸ってる→マリナと仲良かった可能性
・親友がいなくなって寂しいんでしょ、という台詞→アヤを親友とは言ってない。みさが親友であった可能性。
・バスでの会話、重なる音声→みさとイズミの境界が不鮮明に
・警官がみさを見て交番から出てくる→面識がある可能性
・イズミからみかんの画像が送られた日付も、チュン太を返すと書いたメールも日付が同じ12/23→この間の全てが妄想の可能性
・燃えたプリクラ写真→仲良さそうな普通のプリクラ。栗田とイズミ付き合ってた可能性。
・チュン太が生きてる→イズミが投げつけたのは嘘
・継続されているアヤの捜索願い→栗田の部屋にアヤはいなかった

結果、こんな予想。
・マリナとみさは親友だった
・マリナとみさはアヤをいじめていた
・アヤとイズミは親友だった
・みさはイズミへの憧れがあった
・みさがアヤを警官に拉致させた
・栗田とイズミの関係に嫉妬し2人とも殺害した

みさが赤を使う時はイズミとの境界が不鮮明な時 妄想の証拠かと。
監督のコメント聞きたかったなー

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ