ここから本文です

ゲキ×シネ「シレンとラギ」 (2013)

  • みたいムービー 107
  • みたログ 132

4.06 / 評価:85件

「薔薇」や「髑髏」に比べると、やや落ちる

  • コトホギ さん
  • 2013年10月18日 7時43分
  • 閲覧数 1936
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

「薔薇とサムライ」や、「髑髏城の7人」が、面白かったので
今作も、遠征して、観てきました。
…が、
残念ながら、結果は、表題の通り。<(_ _)>
全てのシーンが、「見所」になっていた、上記2本に比べると
本作は、見せ場が、「見所」として機能していないシーンも、多かった気が…

時間を配分して、評価を付けるとしたなら
序盤20分は、★3つ
そこから、「休憩前」までは、★5つ
そして、休憩明け~ラストまでは、★3つ半って感じかな

序盤は、「説明調」なセリフが多く、中々、話に乗れませんでした。
スクリーンの中では、笑い声が起きていても
こちら側では、シーンとしている事も多かったし…

ただ、20~30分程して、「人犬」(=ひといぬ)が登場し
シレンとラギと絡み始めた辺りから、面白くなってきました♪(*^_^*)

「用事でしょうね?」
「距離、伸びてるしっ!!」(笑)

ちなみに、この人↑は、いつも、途中で「裏切る」ので
また、そのパターンなのかなかと思いきや
今回は、「犬」だけに、最後まで、「忠犬ハチ公」でした(笑)

その後、古田新太さんを助ける為、橋本じゅんさんが登場し
彼が、「ある告白」をした時は、スクリーンのこちら側でも、大爆笑
舞台ならではの「ドン引きシーン」も、面白かったです。

「子供を作るぞーっ!」
「出来ませーん」

その後も、2人が揃って登場する度に、会場からは笑いが起き
とても、楽しかったのに…
後半に入り、彼らが、「コンビ解消」してしまった辺りから
何だか、旨みが、なくなってしまった感じ…(@_@)

しかも、その後は、良く分からない展開で、どんどん人が殺されていくので
途中から、気持ちが、離れてしまい
終盤近くは、うっすら、眠気を感じてしまった。<(_ _)>

あと、「休憩」も、おかしな所で入れてしまったなぁという印象
多分、本来は、その少し前=シレンとラギが、再び、暗殺に向けて旅立つシーンで
休憩だったのだと思うのだけれど、何故、あんな所で?
何だか、せっかく、盛り上がった所に、水を差された気分でした。

しかも、後半戦は、全然、違う所から始まるので、吃驚!(@_@)
後から、「回想シーン」として、折り込まれても
既に、気持ちが醒めてしまって、全然、乗れませんでした。
休憩は、「芝居の時」と同じで良かったのでは?

ゲストに関しては、「可」もあり、「不可」もありって感じ
以下からは、そんなゲスト陣に付いてのコメントを!

■藤原竜也さん
彼は、元々が、舞台出身という事もあり
いつものオーバーアクトが生きていて、とても、良かったです
今までの、彼の作品の中では、一番、魅力的だったかも
個人的には、劇団員の女性陣に、翻弄されるシーンがツボでした。

「何?」
「何故?」(笑)

2度目の「潮干狩り」も最高(笑)
必死で、抵抗する姿も、可愛かったし、その後のセリフも良かったです。
「こう見えても、私、潮干狩りには、煩い方で…」(笑)

■永作博美さん
彼女は、どちらかと言うと、舞台よりも、映画向きという気がしました。
今作は、キャラも、合っていなかった様な…
元々、キャパの広い人ではないだけに
いくらセリフで、「今まで、何人もの人を、殺して来た」と言っても
何だか、しっくりこないのだ。(@_@)
アコムのCMで、「どゆ事?」と呟いている方が、断然、魅力的(笑)

■高橋克美さん
悪役は、新鮮で、面白かったけれど
キャラの動向に、理解が及ばず、若干、消化不良でした。

あと、音楽も、悪くはないけれど、ちょっと地味目
「髑髏城の7人」は、オープニングの曲が、凄く、カッコ良くて
この曲を聴きたさに、リピートしたものだけれど
本作は、そこまでの吸引力は、無かったかな

久しぶりに、YouTubeで、「髑髏城…」の予告を見たら
もう一度、こっちを、観たくなってしまった(笑)
思えば、6月に、「某インド映画」に嵌る前は
この作品が、「上半期ベスト1」だったのよねぇ。(^_^;)

「薔薇…」や、「髑髏城…」は
鑑賞後、すぐに、「もう一度、観に来よう♪」と思えたけれど
今作は、一度で十分と感じてしまったので、★は4つ

ただ、観て損はない作品だと思います。
少なくとも、1,700円出して、「R100」を観るくらいなら
そこに、500円を追加して、本作を観る事を「激賞」します(笑)
公開期間は、短いと思いますので、興味のある方は、お急ぎください!

次回は、古田新太さん主演の「五右衛門シリーズ」という事なので、今から、楽しみです♪
彼は、やっぱり、「悪玉」より、「善玉」の方がいいよね(笑)
ちなみに、ゲストが、三浦春馬さんと、蒼井優さんと知り、吃驚!Σ( ̄□ ̄;)
あの2人の「熱愛」のきっかけって、これかぁ…(@_@)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ロマンチック
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ