ここから本文です

サイド・エフェクト (2013)

SIDE EFFECTS

監督
スティーヴン・ソダーバーグ
  • みたいムービー 357
  • みたログ 1,681

3.39 / 評価:940件

医療ミステリーかと思ったら・・

  • zmq******** さん
  • 2021年5月12日 15時20分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

サイドエフェクトの和訳は『副作用』らしい。

鬱患者のエミリー(ルーニー・マーラ)と担当医師のジョナサン・バンクス(ジュード・ロウ)の物語。

夫を愛しているが、ある事件で心を病んでしまったエミリー。

いろんな薬を試してみるものの、効果は あまりない。

そんな時、バンクスは以前エミリーを担当したことのある シーバート医師(キャサリン・ゼダ=ジョーンズ)から新薬のアブリクサを紹介されます。

アブリクサはエミリーの体に合っているようだったが、夢遊病を引き起こす副作用がありました。

そして、ある日 夢遊病状態のエミリーが夫を刺し殺してしまうのですが・・。

前半はキャサリン・ゼダ=ジョーンズの露出が少なく、脇役なのかと思ってたら、エミリーの恋人であり、共犯者だったというオチ。

またエミリーの夫殺しの動機が身勝手で、夫のしくじりにより贅沢ができなくなったから と言っている。

薬が原因となれば無罪な上、製薬会社やそれを処方した バンクスからも慰謝料が取れる。金と色に狂った女たちの犯罪。

気の毒なのはバンクスで、医師としての信用を失い、妻子は家を出て行き、苦境に立たされる。

まさに泣きっ面に蜂な状態だが、独自に捜査して真実を暴く。

最後にはエミリーもシーバートも それぞれの居るべき場所に収監される。

結構 後味の悪い作品。

悪くはないが良くもない。なので、星3で。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ