レビュー一覧に戻る
グローリー・ショット ~栄光への軌跡~

hea********

3.0

ラクロス映画初めて

ラクロス映画を見るのは初めてです。 ヨーロッパのスポーツと思っていたんですが、アメリカ先住民族がルーツのスポーツだとは意外でした。 まあ簡単に言ってしまえば「がんばれ!ベアーズ」ラクロス版です。 珍しくアメリカ先住民にスポットが当たってる映画です。 しかし主人公はブランドン・ラウス、日本では「スーパーマン リターンズ」の一発屋的な感じですね。 彼はアメリカ先住民とのハーフという設定なんですが、どう見てもアメリカ先住民の血が入ってるようには見えませんね。 まあ、かのオードリー・ヘプバーンもあの顔でアメリカ先住民とのハーフ役をやったことがあるので、細かいことにはこだわるなってことなんでしょう。 だらけていた弱小チームが強くなっていく様は完全に「がんばれ!ベアーズ」と同じ。 ブランドン・ラウス演じるコーチの過去と出自へのプライドを取り戻すというベタな話ですが、普通に楽しめました。

閲覧数589