レビュー一覧に戻る
ゴースト・エージェント/R.I.P.D.
2013年10月18日公開

ゴースト・エージェント/R.I.P.D.

R.I.P.D.

962013年10月18日公開

fg9********

1.0

悪役ケヴィン・ベーコンだけが救い

 …あらすじは解説のとおり、と書くような内容はない。  ベテラン捜査官(ジェフ・ブリッジス)と新米捜査官(ライアン・レイノルズ)がコンビを組んで、地球に居てはならないフリークスをヤッツケルだけの話し。  『メン・イン・ブラック』にどこか似通っているが、主人公の二人も登場するフリークスもまったく斬新さがない。  ジェフ・ブリッジスは喋り捲ってただ五月蠅いだけで、ライアン・レイノルズは没個性的でなんら魅力を感じられない。  唯一、悪役ケヴィン・ベーコンの醸し出す雰囲気だけが救いの作品だった。

閲覧数804