レビュー一覧に戻る
ゴースト・エージェント/R.I.P.D.
2013年10月18日公開

ゴースト・エージェント/R.I.P.D.

R.I.P.D.

962013年10月18日公開

taf********

4.0

RIPD

レストインピース(安らかに眠れ) ディパートメント(課) ご冥福部署とでも言うのか。 タイトルとしてはすごくヘンテコでおもしろい。 たしかに、 メンインブラックの設定によく似てます。 おっさんのパートナーと情熱のある若手 たしかに、メンインブラックの方がいろんなアイテムも出てくるし宇宙人も出てくるので面白い。 ウィルスミスはメンインブラックになってから事件に巻き込まれていくからその世界観に一緒に入り込んでいく感じなのだが 今回は事件に巻き込まれてから話が始まるので主人公が何をしたいのかが分かりづらくなっている。 故につまらなく感じる人が多いのかもしれない。 あとはまぁ宇宙人の世界は未知数だが、 死後の世界は限界がある。 死後の世界が未知数に展開されているとすれば現実との折り合いがつきづらい。 面白い演出方法としては怪奇現象の裏付けのようなことをするしかない。 ポルターガイストとかは捜査員とゴーストが取っ組み合いしてるから起こってる感じで でも、幽霊が見えない生きてる人はぎやぁぎゃあ叫ぶとか 霊媒師とのコンタクトシーンとか、 ぺてん師だったけど、幽霊の声だけは聞こえる的なね。 ゴーストっていう映画の展開だね。 あとは何かあるかな? 本当に霊に取り憑かれてる人がいたりとか。 幽霊の好物とか? 墓石に供えしてあるものはなぜか目がなくなるとか? 塩とか念仏に弱いとか。 日本的すぎか。 面白いシーンや演出をいれるだけでもっと面白くなったのではないか? と言った作品ですね。 おっさんが美女で 若手がジィさんに見えるのは面白かったけど やりすぎな気もする。 まぁどうしても似てるから比べちゃうけど メンインブラックとか比較せずに見ることですかねー。 まぁ、たしかに 脚本に色々と無理があるのかも。

閲覧数531