ここから本文です

レッド・ドーン (2012)

RED DAWN

監督
ダン・ブラッドリー
  • みたいムービー 50
  • みたログ 463

2.54 / 評価:305件

キャスティングミス・脚本ミス

結論から言うと、ジェドをクライマックス前に死なせたほか、マットとロバートの配役ミスのうえ、軍事に関する技術考査不足のカス映画。

兄弟なのに髪の色は違うは、顔つきは似てないわで、マットとロバートのキャストが逆。
マットははっきりいって顔が塩。
ラグビーチームのエースだったのが、それがいきなりの大人の都合での故郷を蹂躙されて、大切な恋人を囚われ、一念発起でレジスタンスで活躍するというちゃちなアメリカナイズなストーリーではあるが、だとしてもそのストーリーであればそれに見合う顔付は必要である。
こんな塩顔の主人公では売上が出るはずない。(結果的に興行不振になった)

逆のキャスティングとしたが、これは強ち間違いではなく、結果的にロバート役の俳優は後に有名になっている。
(ジェド役に至ってはアヴェンジャーズのマイティ・ソー役である)

また、軍の地区責任者が大尉とは、コメディだったとしても現実離れしすぎていて笑える。(失笑)
50万人の市民を1:50の損耗比と見ても1万人規模の軍の責任者は佐官よりも高級の将校で准将または准将のない軍隊では少将が指揮官になる。
大尉では近代軍では中隊長であるので、200人以下の指揮が限界である。

また、たった数人で50万人の市民を制圧する軍隊相手に、ゲリラ戦術とは言え、それで抵抗?
有り得ませんね。
戦術戦略論について全くの無知と考えられます。

この程度の知識は1時間もあれば十分に調べられること。
それが出来ていない監督は映像、映画の素人。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ