レビュー一覧に戻る
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語
2013年10月26日公開

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語

1162013年10月26日公開

つとみ

4.0

ほむらの気持ちで映画を観る

この映画単体で作品がなりたたないため星を一つ落としたが、それでも平均点の予想外の低さに驚いた。 アニメーション映画の場合、作画とか音楽とかで高評価したりするでしょう?そうゆうのは凄くよかったと思うんだけどどうだろう。 私は映画ファンでアニメファンではないから、作画はあまり気にしないけれど、それでもガンカタとかカッコよかったと思う(言ってることが映画ファン目線でごめんなさい) それはとりあえず置いといて、賛否ある理由としてはTV版からの続きを蛇足と考えるかどうかで違うようだ。 この映画を観るためにTV版を(といっても劇場版のほうですが)観た私としては、TV版のエンディングにしっくりきていなかった。 皆が感情移入するであろう裏主人公のほむらの気持ちがほとんど無視されていたからだ。 ほむらがこれでいいなら別にいいけど、というモヤモヤ感を残していたTV版。 それに答えるような本作は、物語全体を締めくくる素晴らしいものではないか。 TV版のエンディングに大満足した人は観ない方がいいであろう本作。 しかし劇場版三作が最初から繋がっているとしたら、二度の(一作目のラストも好きだが)素晴らしいエンディングを迎える傑作ではないか。 あくまでほむら視点で作品を観た者の感想だが、ほむらがこれがいいならこれでいい。

閲覧数1,957