レビュー一覧に戻る
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語
2013年10月26日公開

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語

1162013年10月26日公開

sgm********

5.0

ネタバレエンディングが二回あってもいいじゃないか

って話ですよ。 TV版がとんでもないインパクトで終わらせたから、今作が蛇足だの余計だの言われるのは当然としても、明らかにバッドエンドすぎた。 「胸糞エンドだけど綺麗に終わったじゃねーか」っていうのもごもっともです。 だた、この作品のテーマとして「ループ」があると思うんです。 そして今作のループは「全員が納得のいく形」だったと思うですよね。 まあ、まどかの記憶は消えてるので、まどかは微妙なところだとは思うですけども。 ほむらの仲いい子に対して押しつけがましくなっちゃう所はある程度は仕方ないでしょう。 で、そのハッピーエンドへ向かう道程なんですが、これがかなり綺麗に纏まっているんですよ。 まどか同様にループを繰り返していたほむらにも、相当な因果が溜まっていたことは明らかでしたし。 とまあ最後は悪魔的パワーと悪魔的発想で神を下界に引きずり下ろしたわけですが、神になって胸糞エンドに対して、つり合いの取れていると思います。 元々ダークな展開の作品なため、ハッピーエンドへ向かう展開に何か違和感があるのはわからんでもないですが。 あとは評価ですが、核心に迫る部分以外の日常シーンがかなり長いですね。 TV版終盤の怒涛のラッシュから比べると、また1話に戻ったような感覚です。 そのループ感も安心感があってよかった。 演出やバトルシーン等は素晴らしかったです。ここは今作が一番だったのでは? とても力が入っていました。 ただ、楽曲はコネクトやルミナスには勝てませんね。そこは☆4つです。 結論ですが、劇場版の前編同様に、重要な作品だと思います。 怒涛の展開はありませんが、なるべくしてなった結末として受け入れられるんじゃないでしょうか。 一話から見直すにも後味的にスムーズにいきますし。 それにしてもこの作品は見直すことで更にハマりますね。

閲覧数1,937