ここから本文です

プリズナー (2007)

TAKE

監督
チャールズ・オリヴァー
  • みたいムービー 6
  • みたログ 99

2.67 / 評価:49件

良い映画です

  • con***** さん
  • 2015年9月1日 17時28分
  • 閲覧数 758
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

囚人の冷たく無機質な刑務所での苦悩と対比して、ゴチャゴチャと色味のある過去のシーンでの苦悩がとてもうまく描かれていると思います。
強盗殺人という極悪非道な犯罪ですが、この男自身が「悪」というそのものではないんですよね。とことん金も運も尽き果てた男の苦悩の末の一瞬の出来心で起きてしまった事件です。たまたまポケットに入っていた拳銃が起こしてしまった事件です。
事件以前の被害者家族も決して順風満帆な幸せ家族ではなく苦労を抱え必死に生きてるんですよね。そこにリアルを感じました。
世の中には完璧な幸せや人生なんて滅多に存在しないものです。

死刑執行によって男の罪を赦すのではなく自らの意志によって罪を赦した母親の勇気は測りしれません。男を救ったのは神でも刑執行でもなくその母親の言葉でした。


ただひとつ、最後のテロップは要らないかと。修復的司法というものの必要性を訴えたいならそれは十分映画の中で描かれています。きちんとこの映画を観て受け取った人ならテロップなくとも心に伝わるはずです。それくらいあの面会のシーンは映像もひとつひとつのセリフも良かったのに。。。
最初から文章で伝わるものなら映画にする必要もない。制作側はテロップなんかに頼らず映画だけで伝える勇気を持ってほしいなと感じました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ