ここから本文です

プリズナー (2007)

TAKE

監督
チャールズ・オリヴァー
  • みたいムービー 6
  • みたログ 99

2.67 / 評価:49件

あとチョット

  • joz***** さん
  • 2013年11月7日 0時17分
  • 閲覧数 872
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

・・・・・・っということで、レンタル屋で借りて観た。

もちろんジェレミー・レナーの演技目当て。

(死んだ)息子とのつながり
彼女の辿ってきた過去
彼の辿ってきた過去
夫婦の関係
犯罪に至るまでの背景
神についての神父との対話
被害者の心の葛藤
犯罪者の心の葛藤

これらは死刑囚の物語を作るうえで欠かせない要素であろう。

だが、それを映像で伝えるのはとてつもなく難しい。

この映画はそれらを全部詰め込んでいるのだが、

残念ながらこの作品はそれに成功したとは言いがたい。

特に最後の盛り上がりがなかった。

でもあとチョットのところまで行ったことは評価しなきゃならんだろう。

映像的な冒険もいくつか見られたし。

ジェレミー・レナーがブレイクする前の作品だが、ヤッパ彼はこういう役にはピッタリだ。

正義の味方より、屈折した性格のチンピラ役の方が断然光る。

女優も頑張っていましたね。

でも、あのトレーラー(もちろん彼女が引きずっていた過去の拘りは分かるんだけれど)は何だったのか説明不足ですよね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ