ここから本文です

ムード・インディゴ うたかたの日々 (2013)

L'ECUME DES JOURS/MOOD INDIGO

監督
ミシェル・ゴンドリー
  • みたいムービー 154
  • みたログ 467

3.19 / 評価:197件

泡沫のような切ない青春の日々

  • fg9***** さん
  • 2017年5月8日 15時31分
  • 閲覧数 1698
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …ボリス・ヴィアンの作品は『墓に唾をかけろ』ぐらいしか読んだことがなく、『うたかたの日々』は未読だが、ミシェル・ゴンドリー監督の最新作なので観てみる。
 …あらすじは、解説のとおり。
 出だしの5分で、アート感覚満載の摩訶不思議な世界観に心が踊る。
 特に、カクテルピアノにはほろ酔い加減になってしまった。
 内容は、最近観た『タイピスト!』のロマン・デュリスが主人公で、その家の料理人が『最強のふたり』のオマール・シーだ。
 そのロマンが、あるパーティで偶然出会った『アメリ』のオドレイ・トトゥに魅かれ、二人は愛し合い幸せな結婚生活を送る。
 しかし、それは『泡沫の日々』で、オドレイの肺?に睡蓮の花が咲くという奇病に身体を蝕まれ、幸せな日々はパチンと弾け飛んでしまう。
 彼女の奇病を癒すためには、彼女の身体を花で一杯に埋め尽くさなければならなかったので、毎日のように花を購ったが、彼女の病状はいっかな良くならず、ロマンの財産は底を突き、慣れない労働により疲れ果てていく。
 幸せだった頃の極彩色の眩いばかりの映像は、次第次第に褪色していき……遂にはモノクロとなり……オドレイは病に……で、ジ・エンド。
 泡沫のような切ない青春の日々を、デューク・エリントンの『A列車で行こう』に乗せて蘇らせてくれる、一見の価値はある作品だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ