ここから本文です

オーソン・ウェルズの フェイク (1975)

F FOR FAKE/VERITES ET MENSONGES

監督
オーソン・ウェルズ
  • みたいムービー 26
  • みたログ 30

3.63 / 評価:8件

ウェルズのアート系映画

  • 一人旅 さん
  • 2015年3月1日 20時39分
  • 閲覧数 646
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

オーソン・ウェルズ監督作。

世間を騒がせた二人のペテン師と嘘にまつわる様々な事件を描く。
オーソン・ウェルズ自身が映画の案内役となり、ドキュメンタリー風に展開されていく。一貫した物語があるわけではなく、数々の断片的映像とウェルズのナレーションで構成されている。実在の人物やウェルズが実際に起こした火星人襲来事件を描く一方で、“嘘”エピソードも交えている。何が真実で何が嘘なのか、ウェルズは劇中はっきりと明言してはいるが良く分からない。ウェルズらしい独創的な作品だが、個人的には退屈極まりなかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ