2013年10月12日公開

ファントム/開戦前夜

PHANTOM

992013年10月12日公開
ファントム/開戦前夜
3.2

/ 105

11%
22%
46%
15%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

冷戦下1968年のソビエト連邦。デミことデミトリー・ズボフ艦長(エド・ハリス)が指揮する核ミサイル搭載潜水艦B-67が、ある極秘任務のため出港。副長アレックス(ウィリアム・フィクトナー)は、B-67に取り付けられた謎の装置ファントムの技術者ブルニー(デヴィッド・ドゥカヴニー)をはじめ、今回の任務のために新たに着任した者たちの素性に疑念を抱く。やがて彼らの正体と恐るべき目的が明らかになり……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(27件)

勇敢18.1%かっこいい15.7%恐怖10.8%絶望的10.8%切ない7.2%

  • ヨコスカのヒロ

    3.0

    悪くはないですよ。

    ストーリー的に突っ込みどころもあるのですが、ディーゼル潜水艦の 内部描写、対潜魚雷戦など、旧型潜水艦ぽく潜水艦映画としては、まあ合格! 自身の知識の無さですが、あの当時のソ連ディーゼル潜水艦、司令塔の 中にミサイル格納し浮上発射するとは知らなんだ。 艦長エドハリスはじめ全て米国俳優ですが、艦長、副長、犯人ボスの三人 は名優なのでそれなりに良いです。他の乗員の個々のキャラクター描写 を後少し描き、3人に絡めれば艦内描写がもっと良かったかな。 副長だけ生き残ったけど、最後の乗員のシーンはいるかな?(だからファントム?) 艦長の娘の髪飾りは(皆さん気づくかな)Goodです。

  • 千秋

    1.0

    とても良いだけに.....。

    ざっくり言えば内容は凄く良いと思いました。けどロシア軍とアメリカ軍との間にロシア軍の極秘作戦が中心の物語なのに、何故か配役にロシア人がいないのが残念。 勿論ロシア人役の俳優もアメリカ人なのでロシア語を話すわけでもなく、中途半端な出来具合。内容は凄く良いと感じただけに残念な作品。演じる俳優さんらは有名で実力ある方々なので観ごたえはあるけどね♪

  • ガラレモ

    3.0

    何かが物足りない

    配役がとても良い。ストーリーも悪くない。 ただなぜだか感情移入出来ない。

  • lov********

    3.0

    ネタバレ●●エド・ハリスの渋さを堪能●●

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • fg9********

    2.0

    緊迫感が何も伝わってこない

     …『眼下の敵』、『Uボート』、『クリムゾン・タイド』等、潜水艦ものは好きな作品が多いので観てみる。  …あらすじは、解説のとおり。  冷戦時代の史実を題材にしたストーリーで、ソ連の核ミサイル潜水艦が中国籍を装ってアメリカに核ミサイルを発射し、米中間に戦争を巻き起こそうとする何とも恐ろしい話しだが、その緊迫感が何も伝わってこない。  エド・ハリスの存在感は流石だったが、幻覚見がちな指揮官ではシャレにもならない。  でもって、最後は英霊をたてまつって敬礼してみたって、今更なんだかなぁ……といった作品だった。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ファントム/開戦前夜

原題
PHANTOM

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日