レビュー一覧に戻る
天使の処刑人 バイオレット&デイジー
2013年10月12日公開

天使の処刑人 バイオレット&デイジー

VIOLET & DAISY

882013年10月12日公開

illbeback1229

1.0

上映した映画館には頑張って欲しい!

 ごくごく普通のティーンエイジ2人が殺し屋というのは中々良いとこ突いているな~と思いつつ、中身は題名の「天使の処刑人」というくらいだから、表向きはシスターだけど裏を返せば悪いやつらを撃ちまくってやっつけるいわゆる女版「処刑人」みたいなのかと思って観に行ったら…  いやいやとんでもない!よくこんなくだらない脚本を世に送り出せたものだと最悪な意味で感心してしまった。  それも期待のドンパチも殆ど最初だけで、ラストなんか想像なんて決して出来ない程盛り上がりの欠片もない。  そして、お手軽な「殺し」だけを請け負っているとはいえ、ターゲットの家で居眠りこいてしまうし、ターゲットが部屋に入ってきても気づかずに寝ている。よくいままで生きてこれたなあという気持ちと脚色の悪さに怒りまくり。  それにこの作品の5分の4が一つの部屋の中での出来事のソリッドシチュエーションもの。これは何を意味するのかというと製作側も資金を殆ど提供してないのが取って分かる。演技には不満はなかったけどこれはもの凄くいただけない。  これから映画を作る側に言いたい。脚本がダメなものには金を出すな!そして、金を出すなら思い切って出せ!これが心の底から叫びたくなる作品で、テーマは悪くなかっただけに本当に本当に残念だ。  その件はこれで終わって、この作品は「横浜ニューテアトル」という映画館で鑑賞。自分が小さい時からある映画館でおそらく40年位は営業しているはずだ。ミニシアターが閉館に追い込まれている中、10年ぶりに訪れたがまだ営業していた事には凄く嬉しかった!席に座って自分が幼い頃にここで観た映画を思い出していたけど、本当に懐かしかった! これからも応援しているので頑張って下さい!

閲覧数1,102