ここから本文です

夢と狂気の王国 (2013)

監督
砂田麻美
  • みたいムービー 62
  • みたログ 219

3.06 / 評価:218件

サンキチ…

  • score_record さん
  • 2018年5月25日 1時56分
  • 閲覧数 639
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

良かったです。
宮崎駿という人は、この言葉が合ってるか分からないけど、純真無垢な方なんだと思いました。

アニメーションにかける気持ち、女性に対する気持ち。
当然アニメーションにかける気持ちがかけ離れて強いですが、
僕個人的には、その二つに通じてるものがあるように思いました。
それはもしかしたら、この映画の監督の意図してる部分かもしれませんが。。。

そんな女性に対する思いは、自分自身含め、多くの男性と同じかと思います。
(気を悪くする女性の方がいたらすいません。)

けどそれで、天才宮崎駿のある一部分だけの感覚かもしれませんが、
なんとなく共有できる部分があったのは嬉しく思いました。

かぐや姫の物語を観て高畑勲にものすごく興味を持ったので、
宮崎駿が9割だったのは結構残念な部分です。
けどこれはこれで、宮崎駿の(個人的には良い意味での)偏屈な性格を感じる事が出来て、
宮崎アニメファンの自分としては、とても良いドキュメンタリーを観たという感想です。

そしてビックリするくらいの諦めムードのなか、
かぐや姫の物語を完成させた高畑勲も、やっぱりすごいなと思いました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ