ここから本文です

天心 (2013)

監督
松村克弥
  • みたいムービー 10
  • みたログ 24

3.48 / 評価:23件

お話がイマイチ。。予算不足??

  • 映画命 さん
  • 2013年10月15日 1時06分
  • 閲覧数 1311
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

んー。何かすっきりしません。
本作、タイトルが「天心」となっていますが、
正確には、「五浦での天心」といった感じです。
で、それだけでは見せ場がないので、
菱田春草のお話をサブのお話として、追加してみました
といったところでしょうか。

おそらく、低予算で頑張って作られたのでしょうが、
(きっと茨城以外で撮影する予算がなかったのでしょうね)
やはり、お話のバランスがイマイチ悪いと思います。
見ていても、天心のカリスマ性が、今一、伝わってこないですし、
感情移入できません。(そもそも出番が少ないです)
これならむしろ、菱田春草をメイン(主役)にして作った方が
しっくりきたんじゃないかと思ったくらいです。
それに、菱田春草と横山大観って、本当にこんなにお金で苦労して
たんでしたっけ?
確か、朦朧体で行き詰まって、天心、大観と一緒に海外へ渡って、
海外では高い評価を受けて帰ってきたはずだと思いますが。。
その後、五浦に移住して来たんじゃなかったでしたっけ?
基本、史実に乗っ取った作品でしょうから、お話を
あまり、事実と曲げてしまうのはどうかと思います。

その他では、五浦の美しい風景や音楽は良かったと思います。
あと、役者さんは、天心(竹中さん)、大観(中村獅童さん)は、
キャスティングは良かったと思うのですが、
上でも述べたように、出番が少なく、
ちょっともったいない、というか、不完全燃焼でした。
(もしかして、これも予算不足のせい???)
観山役の木下さんは、かなり、本人(写真)と似ていて、雰囲気出てました。
春草(平山さん)は、出番も多く、演技も良くて、一番、魅せてくれました。

地元(茨城)で作られた映画ということで、
かなり、楽しみにしていたのですが、ちょっと、残念な結果に
終わってしまいました。
でも、真面目に、一生懸命、作られているという熱意は伝わりましたよ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ