ここから本文です

セイフ ヘイヴン (2013)

SAFE HAVEN

監督
ラッセ・ハルストレム
  • みたいムービー 117
  • みたログ 714

3.77 / 評価:478件

タイトルの『SAFE HAVEN』どおり

  • fg9***** さん
  • 2017年4月5日 14時04分
  • 閲覧数 2297
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …あらすじは、解説のとおり。
 降りしきる雨の中を、血糊の付いたナイフを握って必死に逃走を企てる女性。
 それを血眼になって捜す警察。
 の序盤からストーリー展開に魅せられる。
 なんとか警察の眼を出し抜いたケイティ(ジュリアン・ハフ)は、長距離バスに乗って海辺の町で新生活を始めることにする。
 その港町には、雑貨屋を営んでいる妻を亡くした二人の子持ちのアレックス(ジョシュ・ デュアメル)がいて、ふとした切っ掛けからロマンスが生まれ、いやはや、ベタなラブストーリーに陥ってしまったわいと観続けていると、彼女を追っていた警察官は彼女の実の夫だったのだ。
 この旦那は重度のアル中のDV男で、逃げ出したあの夜も暴力を振るわれ続け、ケイティは耐えかねて旦那を刺して逃げていたのだった。
 刺された旦那は軽傷だったのだろう…その後、警察という身分を悪用して指名手配ポスターを各警察署へ勝手に流したりして、妻の行方を捜していたのだった。
 話しが長くなりそうなのでこの辺で止めるが、海辺の町で新生活を始めたケイティに対して何かと親切に接して来るジョーという近隣の女性がいるのだが、このジョーが結末でサプライズを起こしてくれる。
 また、アレックスの亡くなった奥さんは、子供達や旦那に対して手紙を残していて、『To her』という手紙の内容には熱いものが込み上げてくる。
 自分もマイ・ワイフに対して、『To him』という手紙を残して置きたくなった。
 タイトルの『SAFE HAVEN』どおり、ジョーの惹き起こしたサプライズがいささかファンタジー風味に染まった感は否めないが、一見の価値は十分にある佳作に仕上がっていた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ