ここから本文です

悪の法則 (2013)

THE COUNSELOR

監督
リドリー・スコット
  • みたいムービー 276
  • みたログ 2,157

2.90 / 評価:1421件

アドバイスはない、、

  • nag******** さん
  • 2017年9月20日 0時02分
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

 自分が本当に絶望的な状況で縋った人に こう淡々と言われたら… 

とにかく、この映画は出来事と会話で観るものに恐怖を想像させる

悪の親玉なんて出てこないし、もちろん対決もない 本当に誰も当てにならないんだよなぁ

ーーーーーーーーーー

主人公の弁護士(Counselor)は、メキシコのカルテル絡みの麻薬取引に手を出し 一度も儲けることなく(少し可哀想) 

ひょんなことから、どつぼにはまっていく  

彼女へのダイヤの婚約指輪を購入する時、依頼人への対応、元の依頼人の反応 それ以外の人への対応 

全てにおいて 彼の、さも自分は万能かのような雰囲気がいけ好かなくもありますが

他のカルテル関係者や敵対組織のマルキナ、百戦錬磨のウエストリーなんかと比べると甘々で そんなに虐めるなよー 

とも思ったりします

しかし、現実って厳しいんです というよりこの映画の中でおこっていくことは 悪にとって日常なんです 

それに気づいた時は手遅れ もちろん 後戻りなんか出来ない 笑われます  

そりゃー アドバイスなんてありませんよね

何度も観れる いや観てしまう魅力のある映画です 

個人的には相棒のライナー(ハビエル・バルデム) が一番人間味があるように感じ お気に入りです

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ