ここから本文です

ザ・エンド (2012)

FIN/THE END

監督
ホルヘ・トレグロッサ
  • みたいムービー 3
  • みたログ 55

1.79 / 評価:47件

深い哲学的な作品

  • hir***** さん
  • 2015年4月4日 20時27分
  • 閲覧数 2475
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

劇中では、夜空の星が次々と消滅する事が
いくつかのシーンで語られており、
その事と人々が消滅してゆく事が関連づいているんだと思います。
(見えているはずのシリウスが見えなくなったり)

終盤で次のようなセリフがあります。

「星がまた減ってるの?」
「あの星も実は無いのかも・・大昔に死んだ星が見えているだけで、僕らもたぶん同じだ・・」
と主人公達が言っています。

私達の存在が誰かに観測される事で存在しえるのだとしたら?という
哲学的な解釈を通じて、この映画を理解できるような気がします。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ