ここから本文です

グリフィン家のウエディングノート (2013)

THE BIG WEDDING

監督
ジャスティン・ザッカム
  • みたいムービー 67
  • みたログ 432

2.95 / 評価:228件

結構こういうドタバタな感じは好きだなあ

  • kappa_and_guts さん
  • 2013年12月2日 0時56分
  • 閲覧数 509
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

ロバート・デニーロ、ダイアン・キートン、スーザン・サランドン、ロビン・ウイリアムスなど、有名俳優がずらり。話はちょっとややこしい。デニーロとダイアン・キートン演ずる夫婦はすでに離婚している。その2人が養子に迎えていたコロンビア人の息子が結婚することになったが、実の母親はとても伝統的で厳しいので2人がまだ結婚しているような振りをして欲しいと頼まれしぶしぶ承諾する。デニーロ役の父親はすでに恋人がいる。家族やそれを取り巻く人々にはそれぞれ性に関係する問題を抱えていて、それが次第に明らかになりドタバタの騒動が起こるが、最後は大きな結婚式でハッピーエンドという感じ。全編お下品な展開で、結構笑ってしまった。アメリカ映画だから何となく収まりがいい感じだが、日本映画で同じことをやったら品の無さがより強く出てしまったような気がする。宗教とセックスの関係など文化的に興味深い内容も盛りだくさんだ。個人的にはとてもおもしろかった。コロンビア人の養子役の俳優がなかなかチャーミングで良かった。ダイアン・キートンは「花嫁の父親」でもそうだったがこういうタイプの映画がよく似合う。それにしても、彼女ずいぶん年取ったなあ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • セクシー
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ