ここから本文です

オフィサー・ダウン (2013)

OFFICER DOWN

監督
ブライアン・A・ミラー
  • みたいムービー 7
  • みたログ 47

3.03 / 評価:32件

なあ~んだ、シッカリと生きたいじゃんか!

  • fg9***** さん
  • 2017年3月10日 14時55分
  • 閲覧数 288
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …あらすじは解説のとおりと書こうと思ったら空欄だった。。
 かつては、アル中・ドラック漬けの日々を送っていた警官・キャラハン(スティーブン・ ドーフ)だったが、現在は妻子を愛するまっとうな警官稼業を送っていた。
 そんなある日、一人の男がキャラハンに接触してきて、その男は、かつてキャラハンが銃で撃たれた時に、通報して彼の命を助けた者だと言うのだ。
 で、その男から、自分の娘がレイプされたので犯人を見付けて欲しいと頼まれる。
 自分も年頃の娘を持つ父親なので、事件の真相を掘り下げていくうちに一人の怪しい人物に行き当たる。
 で、此奴がレイプ犯だと確信して追い詰めると、此奴が胸から拳銃を抜き出そうとしたので、いち早くキャラハンは銃で此奴を仕留める。
 そして、死んだ男の懐を探ってみると、なんと此奴も警官だったので吃驚し、罪の重さからまた酒浸りの生活を送るようになる。
 しかも、上司からこの事件の捜査を担当するように命じられたもんだから、二度吃驚だ。
 この上司にジェームズ・ウッズが配されていて、組織の体面イノチ的な下衆野郎で憎ったらしいが存在感はたっぷりだ。
 何喰わぬ顔をして捜査に取り掛かったキャラハンだったが、捜査を進めていくうちにとんでもない事件の真相に辿り着き、単身、敵のアジトに乗り込んでドンパチがおっ始まる。
 この時のキャラハンは、ヨレヨレの服装から凛とした警官の服装に着替え、奥さんと娘にも別れを告げ命を賭して敵のアジトに繰り出すのだが、その直前に、しっかりと防弾チョッキを身に纏う様子は笑わせてくれる。
 なあ~んだ、シッカリと生きたいじゃんか!
 冗談はさておいて、ストーリーの展開は、冒頭に終盤のシーンを持ってきて、そこから過去と現在が交錯して描かれているので中盤までは多少混乱するが、終盤でバシバシとそれらが回収できて、なかなかどうして愉しめた作品だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ